OKUDA OK BLOG

空いた時間を人に貸す!

「店舗の空いた時間を人に貸す!」
これは、創業計画時だけでなく経営が悪くなってからも、よく聞く計画?でもあるのですが。

借りようとする家賃が高い。
「商品に自信が無い。売れるものがない。」などと考えて、
売上目標が高く出来ず、黒字の計画が立てられない場合に出る苦肉の策なのでしょうか。

「空いている、お昼の時間を友達に貸して、ランチを…。」

「空いている、深夜の時間に、知り合いにバーを…。」

「休みの日に、友達が日替わりでいろいろなお店を…。」
などなど。

最近は、シェアという考え方が流行り、上手くいっているビジネスも多いようですが。
例えば、カーシェアリングにルームシェア。シェアオフィスなど。

しかし、僕の経験では、お店をシェアされて上手くいった事例はあまり知りません。
最初から、そのようなビジネスプランを立てて、その仕組みを収益にするなら、話しは別ですが。

さっき言ったみたいに、苦肉の策の場合は特に・・・。

仮に、貸した人の商売が上手くいって、出ていかれたら、その人からいただいていた、収入はどうするのでしょうか?
また、上手くいかず撤退されたら?

その人は、投資が少ない分、撤退の決断も早いはず。

それ以外にも、いろいろとトラブルは多いです。

共有で使うお皿の扱いが悪い!

もっとお店をきれいに使って欲しい!

在庫を整理して!

最初に約束した時間を超過して営業してる・・・。
などなど。最初は上手く行くかも知れません。
けれど、1つのものを、2人で分けること、また、その調整するのは大変ですよ。

もし、どうしてもシェアしたいのなら、その人からいただく収入が無くても経営出来るようにすること。
起ったトラブルを解決し続ける、心と時間の余裕を持つこと。でしょうか。

だから、まずは自社だけで経営出来るビジネスプランを立てることが、重要!
考えることから逃げずに!

頑張って!
もう一歩です!!

飲食店コンサルタント・中小企業診断士 奥田 謙一
奥田コンサルティングLINE公式アカウント


友だち追加

セミナー開催情報や各種補助金のご案内など飲食店に有益な情報をお伝えしています。

最近の記事

PAGE TOP